イチゴ狩り


JUGEMテーマ:旅行

 

イチゴ狩り

 

小倉譲 しゃらく バリアフリー旅行

 

杖・歩行器にて自力歩行が可能な方を対象に実施している

旅リハ倶楽部。旅は最高のリハビリ。

 

今回は淡路のフルーツ農園に足を運んできました。

 

いつも通り参加者のご自宅まで一人一人お迎えに上がります。

全員で5名。

 

まずは腹ごしらえにゑびす亭で海鮮定食。

小倉譲 しゃらく バリアフリー旅行

 

淡路出身の方も、淡路の魚は新鮮だ!っと

皆さんモクモクと食べられておられました。

 

その後、少し時間があったので、たこせんべいの里へ寄り道。

コーヒーが飲めたらいいっとおっしゃっていましたが、

しっかりお買い物。

 

その後、イチゴ狩りへ。

 

小倉譲 しゃらく 介護付き旅行

小倉譲 しゃらく 介護付き旅行

 

お腹一杯で食べれへんわぁ〜

っといいつつ、多い人は20個以上も食べられておりました。

 

帰る時間、

お土産にっとイチゴを購入しに。

下り坂を足元がおぼつかないお客様をお客様がサポート。

 

小倉譲 しゃらく 介護付き旅行

 

毎月、旅行で顔を合わせると、

助け合いの精神が生まれるんですね。

 

次は四天王寺です。

 

小倉譲 拝


NPO法人しゃらくのホームページはこちらへ!

亡き夫との年1回の贅沢


JUGEMテーマ:旅行

 

亡き夫との年1回の贅沢

 

バリアフリー旅行 小倉譲

 

亡き夫と、1年に1回の贅沢で、

有馬温泉 中の坊瑞苑に来ていたお客様。

その夫様もなくなられ、

ご自身も5年ほど前から自力でのご旅行は難しくなりました。

 

5年ぶりのご旅行に選んだのは、

やはり夫を足を運んだ中の坊瑞苑。

 

介護付き旅行 小倉譲

 

到着するなり、

中庭を眺めながら会話がはずみます。

ご接待での抹茶。

「これも昔から変わってないね」っと。

 

バリアフリー旅行 小倉譲

 

今回のご旅行のもう一つの目的はお風呂。

家族風呂をご予約させていただきました。

 

バリアフリー旅行 小倉譲

 

シャワーキャリーは私ども NPO法人しゃらくが持ち込みをさせて

頂き、

 

介護付き旅行 小倉譲

 

銀泉銀泉の温泉を楽しんでいただけました。

 

その後は、旬彩 猪名野 でのお食事。

これ以上ない贅沢です。

 

介護付き旅行 小倉譲

介護付き旅行 小倉譲

介護付き旅行 小倉譲

 

バリアフリー旅行 小倉譲

 

バリアフリー旅行 小倉譲

 

バリアフリー旅行 小倉譲

 

旅行に行けるなんて、思ってもいなかった。

次は、「高野山ね」

 

小倉さん、またお願いします。

 

久しぶりのご旅行が自信になり、

次の旅行につながる。

この瞬間が何よりも嬉しい一瞬です。

 

小倉譲 拝

 

しかし、ご飯美味しかったです。

何より、フロントの対応が最高でした。

 


NPO法人しゃらくのホームページはこちらへ!

パートナーも楽しむ 大好きなお風呂


JUGEMテーマ:旅行

 

パートナーも楽しむ 大好きなお風呂

 

バリアフリー旅行 小倉譲

 


自信を無くしているからこそ、パートナーは
前向きになる。

 

急性心筋梗塞から蘇生し、重度の障がいをもった夫。
リビングに介護ベットを置き、定期的にディサービスに行く。
それ以外は、訪問を医療しながらパートナー(妻)が身の回り
のお手伝いをしている。

今回、2回目のご旅行になる。1回目は、日帰りで往復数時間の
近場温泉旅行に。
そこで少し自信がついたのか、今回は1泊2日でのご旅行。

 

「ね!!お父さん蟹だって、リフトもついているから温泉も入れるだって」
「行かない?ね 行かない?」

 

そんな前向きなパートナーの言葉。
これは二人の関係ができて以来、築き上げてきた二人の関係性なんだろうっと思う。

もし、私と妻のどちらかが介護が必要になった場合、
こんな関係性で入れるのだろうか…。
二人の会話や距離感を見ていると、何度も頭の中でそんなことを考えてしまう。

出発当日。
13時出発予定で12時40分にご自宅に到着。
すると、既に家の前でパートナーがお待ちになっていました。
きっと、修学旅行前の気分になっていたのだと思う。

ただ、不安もあり近くに住む姉夫婦もご一緒し無事に旅館に到着。

 

バリアフリー旅行 小倉譲


少し休憩しお風呂へ。
5分10分入り、「少し休みませんか?」っといっても
「まだ入る」
結果的に休憩も含めて1時間弱のお風呂を楽しまれました。

 

バリアフリー旅行 小倉譲


そしてみんなで乾杯。
季節の蟹を楽しまれて、食事と途中で力尽きてお休みになりました。

翌日は、出石の蕎麦を食べてご帰宅し、


「小倉さん また情報があったら教えてくださいね」
 

当たり前に動いていた体が
当たり前に動かなくなってしまった。
だからこそ、パートナーが前向きになり支えているその姿。
本当に素敵だと思う。

 

小倉譲 拝

 


NPO法人しゃらくのホームページはこちらへ!

東京へJAZZを聞きに… 


JUGEMテーマ:旅行

 

東京へJAZZを聞きに…

 

小倉譲

 

両四肢麻痺で言語障害に胃ろうのお客様。

 

2016年にエーゲ海への旅行

2017年に松江への旅行

2017年にブルーノート東京への旅行

2018年にまた、本物のJAZZを聞きにブルーノートへ。

 

今回のご旅行は、

経費を安くすることを目的に、添乗員である私は新神戸合流。

さぬき市から高松→岡山を経由して新神戸まで、お客様と

妹様で対応するという初めてのチャレンジ。

それだけでもハードルは高いのに、色々とありました。

 

出発前に、医療ケアをする妹様が足を怪我して歩行が難しくなり…。

「何とか歩けるかな〜」って感じで出発を決意。

 

3日前に怪我をしたという連絡を受け、

いろんな看護師に協力依頼をして、何とか旅行に行ける準備。

でもなんとか行けることに。

 

そして旅行当日。

香川県の一部で積雪が…。

車が動けない。妹様がお客様をお迎えに行けないという朝一の連絡…。

タクシーと電車の乗り継いで、ギリギリ出発時間に間に合う…。

 

無事に新幹線の中でお客様と合流…出来ました。

 

東京について、ひとまず腹ごしらえに。

ワイン食堂 ル・プティ・マルシェ へ。

 

小倉譲

 

ここがなんとも気がきくお店でした。

柔らかいお食事を提案していただけただけでなく、

お客様使用にその場で対応。

しかも、美味しい。

また、行きたいお店ですね。

 

そこから徒歩20分。

ブルーノート東京へ。

 

小倉譲

 

次回と違う席をリクエストしておりましたが、しっかりと

ご対応いただけておりました。

 

CHRIS BOTTI

小倉譲

 

JAZZと演歌の違いは分かるけど、

JAZZとHIPHOPの違いは分からない私でも、

楽しめるコンサートでした。

 

翌日、8時すぎにはホテルを出発し東京スカイツリーへ。

小倉譲

 

綺麗な晴天。

綺麗に富士山が見えました。

 

小倉譲

 

お客様も少しづつ成長している。

自分で自分達でできることは自分達で。

不安な所、できない所は、専門業者に頼む。

次はどこに行くのでしょうか。

楽しみです。

 

小倉譲 拝


NPO法人しゃらくのホームページはこちらへ!

旅はやっぱりリハビリになる


JUGEMテーマ:旅行

 

旅はやっぱりリハビリになる

 

バリアフリーツアー しゃらく 小倉譲

 

昨年の寒い時期に、急性心筋梗塞を患ったお客様からご連絡を頂きました。

集中治療室 気管切開・ペグの設置。

 

聞くところによると、話すことも、体を動かすこともできない日々が何日も

続いたそうな。

そんな中で、必死のリハビリをされたのでしょう。手先が動かせるように。

 

その後、

ディと家との往復。

1日の多くをベットの上で過ごす日々。

天井ばかり見ていても、楽しいことなどあまりないと思います。

 

そんなお客様は大の旅行好き。

家族や妻と毎年旅行を楽しみ、一時期はハーレーに乗って北海度まで

ツーリングしたこともあるそうな。

 

リハビリがてら、片道1時間程度の白雲谷温泉ゆぴかに。

リフト浴が楽しめ、ベットもご用意していただける。
こちらが心配になるくらい、
長く、温泉に入り楽しんでいただけました。
私が、
「今は蟹シーズンですし、車いすの方でも楽しみながら蟹を食べれるお宿も
ありますよ!」っとお伝えすると、
「行ってみよっかお父さん」っと、
話が進み、その場で日程まで決まりました。
今日まではベットの上がほとんどだったけど、
少し外出をしてみて、
少し他者の力をかりてみれば、
「行けない」っと思っていたことが実は「行ける」
その経験が自信になり心が元気になる。
心が元気になれば、
また行こう!
そのために、もっとリハビリ頑張ろう!っとなる。
やっぱり
旅は最高のリハビリだと感じた小旅行でした。
小倉譲 拝

NPO法人しゃらくのホームページはこちらへ!

10回目のご旅行


JUGEMテーマ:旅行

 

10回目のご旅行

 

しゃらく旅倶楽部 小倉譲 旅こころ バリアフリー旅行

 

 

今回が私が添乗させて頂いた回数が10回目のお客様と、

富士山を見に、山梨県へと足を運びました。

 

お客様は、車いすであるとか、

そんな方ではありませんが、

一つは、お食事に拘りがあるお客様。

その拘りの食事とは、

〔邵擇覆匹侶舛△襯皀里NG。

△肉も形があるモノはNG。

Fι紂ν颪けご飯などもNG。

 

要するに、食べれる食事があまりないので、

バリアフリー情報よりも、

現地のお食事の手配が大変です。

 

ホテルですら、

「オムライスは作れますが……」

交渉に交渉を重ねても、オムライス以外は対応頂けませんでした…。

 

今回は、先ず本栖湖に足を運びました。

その後、蝙蝠の穴に足を運び、ホテルへ。

初日は、ホテルでオムライスを頂きました。

 

しゃらく旅倶楽部 小倉譲 旅こころ バリアフリー旅行

 

さすがホテルのオムライス。

美味しかったのでしょう。一瞬で平らげておられました。

 

一緒に温泉に入り、お休みに。

 

二日目は、忍野八海へ。

しゃらく旅倶楽部 小倉譲 旅こころ バリアフリー旅行

 

きれいね、

きれいね、

っと言いながら、八つある池を見ながら午前中観光。

その後、少し車を走らせお食事に。

 

親子丼ではなく、

玉ねぎなし、

お肉なしの卵丼をご飯やわらかめで作って頂きました。

この対応して頂けるお店も、探しに探して…。

結果、お客様は大喜び。

美味しそうに食べておられました。

 

しゃらく旅倶楽部 小倉譲 旅こころ バリアフリー旅行

 

もちろん、お味噌汁の豆腐・わかめは全て私のお味噌汁に移しました(笑)

 

その後、富岳風穴・鳴沢氷穴に足を運び、

ホテルで休憩後のお食事を考えておりましたが、

まだどこかに行く!っというリクエストにオルゴールの森へ。

 

しゃらく旅倶楽部 小倉譲 旅こころ バリアフリー旅行

 

オルゴールの森で時間を過ごして直接お食事場所へ。

 

しゃらく旅倶楽部 小倉譲 旅こころ バリアフリー旅行

 

こちらでは大好きなハンバーグ。

しかも「おにぎり」をオーダーすると気持ちよくご対応いただきました。

 

お店の方も、父が固いモノが食べれなくなり対応に困ったっと。

それで、親切すぎるご対応をして頂けたのかと思います。

美味しいだけでなく、親切。

是非、皆様も足を運んでみてください。

 

きっちん グリ

 

3日目は、国宝犬山城へ。

お客様はお城好き。

 

しゃらく旅倶楽部 小倉譲 旅こころ バリアフリー旅行

 

天守閣から見る風景は絶景でした。

 

次は、東京ディズニーランド。

準備していきましょう!!

 

小倉譲 拝


NPO法人しゃらくのホームページはこちらへ!

琵琶湖への花見ツアー


琵琶湖への花見ツアー

しゃらく旅倶楽部 小倉譲

4月15日、琵琶湖へのお花見ツアー。
山の上からと船から見上げる形で予定しておりました。

しかし、先日の大雨と強風の為、桜は散っておりまして…。

ただ、琵琶湖バレイのロープウェイから見る景色は絶景!
しゃらく旅倶楽部 小倉譲

これで桜の花が満開であれば、何ら言うことがないのに…。

その後、気分を入れ替えて船に乗船。
しゃらく旅倶楽部 小倉譲

葉桜ではありますが、少し桜の花が残っておりました。
今回の反省を生かし、来年は混雑も覚悟でもう少し早めの開催を目指したいと
思います。

小倉譲 拝

NPO法人しゃらくのホームページはこちらへ!

屋久島への研修旅行


JUGEMテーマ:旅行
屋久島への研修旅行

屋久島 撮影 小倉譲

全国旅行業協会の研修旅行にて、
屋久島に足を運んできました。

初屋久島、鹿児島市内から高速船ロケットで2時間ちょい。
残念ながらの雨。

ただ、雨の大自然も悪くありません。
屋久島と言えば、杉の木。

屋久島 二代大杉 撮影 小倉譲

この二代大杉は、徒歩で30分、往復で1時間もあれば見れる所にあります。
この杉の木を見る感動も確かにありますが、
その道中の大自然を満喫できるのが、何よりも最高。

屋久島 撮影 小倉譲

滝は至る所に。
山の上から見る海は、何とも言えません。

屋久島 撮影 小倉譲

宿泊した屋久島いわさきホテル。
部屋から見える景色も、絶景です。

屋久島 撮影 小倉譲


屋久島。
妻の実家が鹿児島県ですが、近くて遠い離島でした。
ただ、車いすでの旅行は少し難しいかも。

自然は最高の観光資源。
ただ、バリアフリーにしてしまうと自然の良さも損ねてしまう。
滝を見たりはできても、メインの杉の木が見れないとなると、
少し行った感がないかも。

じっくり屋久島ツアーが組めるよう、もう少し勉強したいと思います。

小倉譲 拝

NPO法人しゃらくのホームページはこちらへ!

久しぶりの旅行


JUGEMテーマ:旅行

久しぶりの旅行

清水寺 撮影 小倉譲

寒さが苦手
熱さも苦手
そんな常連のお客様と久しぶりに京都に行きました。

先ず足を運んだのが、清水寺。
初めての京都ですので、有名所を選びました。

「あ〜 テレビで見たことある〜」

っといいつつも、健脚なお客様はあっという間に参拝終了。

その後、昼食会場へ。
今回のお客様は、お食事が
野菜はダメ
肉も形があったらダメ。
ご飯も硬かったらダメ。

そこでお願いしていたのが、このお店。


キッチン・ゴン 西陣店

お客様が注文したのは、オムライス。
全ての野菜を除いて!っと、
ご飯の中の玉ねぎも含めて!っとお願いし、

その要望に応えて頂きました。




いつもは食べ残すお客様も、今回は完食。
「美味しかった」っと。
食べ物には厳しいお客様ですので、本当においしかったのでしょう。

ちなみに私が頂いたのはこれ。


ガーリックピネライス。めちゃうまでした。

このお店、色んな意味で最高でした。
要望に応えてくれた嬉しさ。
対応のよさ。
味のよさ。
こんなお店がもっともっと増えると、色んな方の外食の機会が増えるのに。

その後、銀閣寺へ。


健脚なお客様は、予定していた時間を大幅に短縮して観光が修了。

せっかくだから西本願寺にでも行きましょうっと、予定にはなかった
ですが、あしを運ぶことに。
なんだか、西本願寺が一番喜んでくれている様子でした。

珈琲を飲みながら、4月は大阪、5月は広島、6月は和歌山っと、
11月までのご旅行のご希望をお伺いし、今回の旅行を終了。

旅日和の久しぶりの旅行も、お客様にとっても私にとっても
よき1日になりました。

小倉譲 拝

NPO法人しゃらくのホームページはこちらへ!

食事手配で一番難しいこと


JUGEMテーマ:旅行

食事手配で一番難しいこと
 
撮影 小倉譲

私たちのお客様、
時に嚥下障害があり、きざみ食
胃ろうでもみんなと同じモノを食べたい ミキサー食
カリュウムがダメな方
様々なアレルギーっと

色んな制限のある方の食事手配をさせて頂いている。

でも、いつも困ることがる。
それは、
野菜はダメ
肉も形があったらダメ。
ご飯も硬かったらダメ。

というお客様は、食事場所を探すのにいつも一苦労。
例えばオムレツ。

頼んだオムレツの中に玉ねぎが入っていると食べて頂けない。
じゃ、それを取ればいいではないか?っとなっても、

「野菜が入っていた」

っとなると、それで食べない。

食べて頂ける食事も少ない。
ご飯が柔らかい卵丼。
ご飯が柔らかく野菜も肉も入っていない甘いカレーライス。
ご飯が柔らかく野菜の入っていないオムライス。

さて、そんなお客様のための旅行。
食のバリアフリーを求めて電話をかけまくるか。

小倉譲 拝

NPO法人しゃらくのホームページはこちらへ!

プロフィール
  • 小倉譲写真
Twitter
サイト内検索
新着日記
カテゴリー
新着コメント
新着トラックバック
月別アーカイブ
関連リンク
携帯サイト
  • qrcode
管理者