じょんならんことない エーゲ海への挑戦


じょんならんことない エーゲ海への挑戦

JUGEMテーマ:旅行

 

 

エーゲ海への挑戦まで後数日。
最後の調整にお客様のもとに足を運ぶ。

退院して初めてお会いするお客様は、
最高の笑顔で迎え入れてくれた。


行程の再確認
保険の説明
荷造りの再確認。
薬の整理…。

 

今回の旅行手配。
特に、オプショナルツアーへの参加について
現地とのやり取りは色々とあったけど、
何とか手配も完了。

旅にでる前に、もう一度
お客様が書いた本を読み返す。
気になるフレーズ。
─────────────────────────
どうしてぼくは、どうしてぼくだけ…。
生きていてもしかたがないと思いつめたこともある。
こんな体で、こんな状態でいかされているのは、なぜだ?
このまま、何も想い通りにならないことに苦しみながら、
何十年も生きていくのか。
(じょんならん 単行本 – 2005/2/14)
─────────────────────────
 
お客様が生きてきた59年という歳月。
自由に感じ考えることが出来る一方で、
自由に動けず
自由に発言できない苦しさ。

お客様にとって、この旅は何を意味するのだろうか。
そんなことを、お客様と出会った日からの今日までの
事を、本を読みながら振り返る。

 

楽しかった旅だから、もう一度行こう。
そんな簡単なことではない。
きっと、最初で最後になるだろう、エーゲ海への旅。
だからこそ、人生を変えるような、価値観を変えるような
そんな旅にしたいと思う。

 

小倉譲 拝

 

追伸;台風8号チャンス―が接近中。無事に出発できればいいが…。


 


NPO法人しゃらくのホームページはこちらへ!

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://tabikokoro.com/trackback/756
プロフィール
  • 小倉譲写真
Twitter
サイト内検索
新着日記
カテゴリー
新着コメント
新着トラックバック
月別アーカイブ
関連リンク
携帯サイト
  • qrcode
管理者