ローマ・フィレンツェへの旅 2日目


JUGEMテーマ:旅行

ローマ・フィレンツェへの旅 2日目/ バリアフリー旅行

しゃらく旅倶楽部 ホテル 小倉譲
※写真はホテルの窓から見える夜景

はじめての飛行機
はじめてのパスポート
はじめての海外旅行の80代の方との旅、2日目。

この日、まず足を運んだには、予定には入れていなかったバチカン市国の

サン・ピエトロ大聖堂。
この柔軟な動きが出来るのも、オーダーメイドの醍醐味です。
今日1日動くのは、この車。

しゃらく旅倶楽部 ローマ 車

なんと、ベンツ。私もワンボックスを手配していたのですが、
まさかの高級車でびっくりです。
なお、イタリアでは日本にあるような車いすのまま乗れる車はないそうです。
下記こんな車。
http://www.123kobe.com/travel/taxi/noah/

さて、中心街から車を走らせること10分。世界で一番小さな国、
バチカン市国。セキュリティが厳重でしたが、
「どこからきた?」
「日本」
と応えると、殆どスルーで通してくれました。

サン・ピエトロ大聖堂は、世界で一番大きな教会。
25年に一度の聖年になると開く、一番右の聖年の扉が運よく空いており、
そこから中に入ることができました。
中に入ってビックリです。

サン・ピエトロ大聖堂のバリアフリーはエレベーターもあり、誘導係おり
なんら問題なく車いすの方も観光を楽しめます。

しゃらく サン・ピエトロ大聖堂 外 小倉譲

しゃらく サン・ピエトロ大聖堂 外 小倉譲

サン・ピエトロ大聖堂でのインパクトを受けたあと、向かった先がコロッセオ。
ローマでは絶対にはずせない世界遺産。
私も、テレビや雑誌で見て楽しみにしていました。

しゃらく旅倶楽部 コロッセオ◆〇1董‐倉譲

西暦75年に建造が始まった建物であり、この当時の日本は、
やりをもって猪を追いかけていたかと思うと、
そんな歴史に圧倒され、自分の人生がいかに短いかと考えさせれます。

なお、コロッセオは、
エレベーターがついているのでは、大きい車いすでも可。
また、車いすに乗っているだけで、無料になりました。
最上階にも車いすで行けます。
しゃらく旅倶楽部 コロッセオ◆〇1董‐倉譲


その次に足を運んだのが、メインであるボルゲーゼ美術館。

ボルゲーゼ美術館 しゃらく旅倶楽部 小倉譲

私には美術の心がないため、日本で美術館に行くと
眠たくなっていましたが、
今回はガイドさんが非常に詳しく説明して頂けたので、
眠たくなりませんでした(笑)。

お客様も「わ〜」「ぎゃ〜」っと言いながら、
楽しんで頂けてました。


ボルゲーゼ美術館のバリアフリー状況は、車いすでは不可です。
まず、入口に3段の階段、その後また3段の階段があります。
特に、入口の3段の階段は間口が狭く、担ぐこともできますが、
難しいかと思います。

また、2階3階がメイン展示場になりますが、エレベーターが
有るにしても、かなり古く狭い。
たったまま、2名の大人が限界です。

ボルゲーゼ美術館 バリアフリー

立位が経ったまま5分以上
立位歩行が20歩以上歩ける方でないと難しいでしょう。
今回のお客様は歩行可能でしたので、拝観できました。

1日目のローマ、お客様は体がまだ本調子でない中での観光。
少し早めの15時頃にはホテルに帰り、食事の18時30分
までベットで横になって頂きました。

さて、翌日はフィレンツェに向かいます。

小倉譲 

NPO法人しゃらくのホームページはこちらへ!

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.tabikokoro.com/trackback/735
プロフィール
  • 小倉譲写真
Twitter
サイト内検索
新着日記
カテゴリー
新着コメント
新着トラックバック
月別アーカイブ
関連リンク
携帯サイト
  • qrcode
管理者