空飛ぶ車椅子 着地型事業譲渡


JUGEMテーマ:旅行
 
空飛ぶ車椅子 着地型事業譲渡

空飛ぶ車椅子


介護付添い旅行には、大きく分けて二つある。
一つは、「着地型」だ。
例えば、県外から神戸に車椅子の方や身体の不自由な方
が神戸に来られた時、神戸観光のお手伝いをすること。
これを着地型と言います。

そしてもう一つが、「送地型」だ。
これは、しゃらく旅倶楽部のように、住んでいる町から
旅行先にお送りする、お連れするタイプ。
これを「送地型」という。

日本全国を見ていても、殆どが着地型での事業運営が多く、
その事業のネットワークも構築されてきている。
また、この送地型と着地型の連携が今後は必要不可欠になるだろう。

そして今回、神戸で2001年から活動をしている着地型の
「空飛ぶ車椅子」(←リンクあり)というNPO団体から、
NPO法人しゃらくに、事業や資産を事業譲渡を頂ける事になった。
しゃらく旅倶楽部にはなかったシステムを、
しゃらく旅倶楽部と同じ想いを、事業ごと譲渡を受け、
そしてしゃらく旅倶楽部の新しい姿がまた見えてくる。

送地に徹底していたマーケティングも、
今後は着地に向けたマーケティングも必要になる。
持続可能性とお客様の笑顔の最大化、
そしてその仕組みの波及効果を目指し、
しゃらく旅倶楽部は更なる発展を目指して行きたいと思う。

小倉譲 拝


NPO法人しゃらくのホームページはこちらへ!

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://tabikokoro.com/trackback/564
プロフィール
  • 小倉譲写真
Twitter
サイト内検索
新着日記
カテゴリー
新着コメント
新着トラックバック
月別アーカイブ
関連リンク
携帯サイト
  • qrcode
管理者