関西発着 熊本ボランティアバスツアー 募集中


JUGEMテーマ:旅行
関西発着 熊本ボランティアバスツアー 募集中



4月の後半、熊本の被災地を自分の眼で見てまわりました。

20年前の阪神大震災が昨日のように鮮明に覚えている私にとって、
震災は他人事として見ることができず。
力になれることがあるのであれば、力になりた。
そんな想いから、ボランティアバスツアーを企画・運営することにしました。

同時に、GW明けからボランティアが不足しているとのこと。
今こそ、民の力が試されている時ではないでしょうか?

皆様のお力をおかしください。

【お申込みは記事一番↓のURLより】

■参加費 29,800円(税別)第7便のみ32,800円(税別)

■ボランティア従事予定場所
熊本県 益城町 西原村 
※現地のボランティアニーズに合わせて変更する可能性があります。

■作業内容
“鏈匱圓僚撒錣里△箸たづけ、敷地内や住居内の汚泥の除去
避難所でのお手伝い(食事のお世話、救援物資の配付など)
5澑臺資の仕分け(衣料、飲料、食料品、衛生用品などに分け る作業)
ず匈殴椒薀鵐謄アセンターの運営のお手伝いなど
 ※現地のニーズよって変更することがあります。

■催行予定日
第一便:6月3日(金)〜6月6日(月)
第二便:6月24日(金)〜6月27日(月)
第三便:7月1日(金)〜7月4日(月)
第四便:7月15日(金)〜7月18日(月)
第五便:7月29日(金)〜8月1日(月)
第六便:8月11日(木)〜8月14日(日)
第七便:8月19日(金)〜8月22日(月)/32,800円
第八便:9月16日(金)〜9月19日(月)
第九便:9月22日(木)〜9月25日(日)
※基本的に、夜10時30分に出発し、車中泊2泊、現地1泊にて、最終日の朝方5時〜6時の間に神戸に到着する予定です。

■発着地
神戸三ノ宮 神戸市役所前を予定

■催行人数
催行人数25名(最少催行人数15名)

■参加条件
・往復の夜行バスを含め、4日間の行程をこなせる基礎的な体力 のある方
・天候等の状況により、現地受入れ先の判断で活動が中止となり 得ることをご理解頂ける方
・宿泊において、大部屋で時間を過ごしお泊りになれる方。
・添乗員・ボランティアセンターの指示に従って頂ける方

申込は下記URLからお願いします。
http://www.123kobe.com/sc/tour/kumamoto2016

皆様のご参加をお待ちしております。

小倉譲 拝


NPO法人しゃらくのホームページはこちらへ!

古民家再生ツアー 作業風景


JUGEMテーマ:旅行
 
古民家再生ツアー 作業風景

前回のブログでご紹介させていたただい古民家再生ツアーの

「参加者のそれぞれの想い」

に引き続き、作業風景の動画が完成しました。
古民家で何をして、
どんな活動をしているのか、
この動画を見て頂くと、ある程度理解して頂けるかと思います。




是非、動画を見て頂きご参加を希望される方は
下記URLから申込ください。
http://www.123kobe.com/for311/guide.html

小倉譲 拝

NPO法人しゃらくのホームページはこちらへ!

古民家再生バスツアー 参加者のそれぞれの想い


JUGEMテーマ:旅行
 
古民家再生バスツアー 参加者のそれぞれの想い

7月20日に出発した古民家再生バスツアー、
電気も水道もない現地の公民館で、
参加者一人一人に、想いを聞いた。

その思いを、石巻北部の登米で作られた玄昌石の瓦に、記録を残した。



この瓦は、古民家の一部に使用すると、
古民家オーナーが約束してくれた。

小倉譲 拝

NPO法人しゃらくのホームページはこちらへ!

第1回 古民家再生ツアー 無事終了


JUGEMテーマ:旅行
 
第1回 古民家再生ツアー 無事終了

石巻 古民家

7月20日の夜に出発し、7月23日の朝に帰ってくる1泊4日の
石巻市尾崎地区の古民家再生ツアー。

築120年の気仙大工で作られた古民家は、津波に襲われながらも、
存在感ある風貌をしっかりと残している。
そんな古民家を再生するため、今回は15名のボランティアさんが
参加してくださった。

到着後、まず黙とうを行う。
黙とう


その後は、ただひたすら古民家の前に生えた雑草を抜く。
根っこから草ぬきするためには、スコップで掘らないといけない。
でも、瓦礫などが流され、その上に土がかぶり、雑草が生えているから、
なかなかスコップが土の中に入らない…。
それでも、2日間間かけてなんとか綺麗になった。

1日の夜、電気も水道もない古民家から200mほど離れた
公民館にて宿泊。


暗い中、懐中電灯の明かりだけを頼りに、お酒を飲みながら疲れを癒す。
そして、地場特産の薄い瓦に、参加者のメッセージを書き、
それを古民家再生の材料として使う。

そう、参加者の想いが、古民家の一部になるのだ。

翌朝、古民家の板はがしから、床下ヘドロを取り出す。



その一方で、残りの雑草取りをする。
最終的に、庭の端に花壇を作り、コスモスの花を植えました。
皆で雑草を抜き、
皆で土を掘り起こし、
皆で花壇を作り、
皆でコスモスを植えた。


10月中旬ごろ、きっと綺麗なコスモスが咲くのだろう。
その時、皆で戻ってこれるよう、花壇にプレートをつくった。



関わった人の名前を書いた、プレートを。

帰り際、ふと古民家を見ると、
たった2日間だけど、綺麗になった。
一番上の写真と見比べてほしい。
石巻 古民家 後


さて、第2回目、8月3日発の便もある。
次回は、もっともっと綺麗になるのだろうな〜っと思う。
是非皆様も、ご参加ください。

http://www.123kobe.com/for311/guide.html

小倉譲 拝



NPO法人しゃらくのホームページはこちらへ!

古民家再生 被災地ボランティアバスツアーが新聞に紹介されました。


JUGEMテーマ:日記・一般
 
「古民家再生 被災地ボランティアバスツアー」が新聞に紹介されました。

本日の読売新聞に下記記事が紹介されました。

読売新聞

参加希望者は、下記リンク先のフォーマットより、お申込みください。
http://www.123kobe.com/for311/guide.html
ご連絡、お待ちしております。

小倉譲 拝



NPO法人しゃらくのホームページはこちらへ!

被災地ボランティアバスツアー 募集!!


JUGEMテーマ:日記・一般
 
被災地ボランティアバスツアー

被災地ボランティアバスツアー


震災から1年4ヶ月。
被災地には全国から数多くのボランティアが入り、
復興のお手伝いをしてきました。
そして現在、宮城県では従来の形でボランティアがお手伝いできるような
作業が減りつつあるように見受けられます。
ボランティア活動は、参加者の「やりたい!」という気持ちだけで
成立するものではありません。
復興作業の進み具合に応じて被災地のニーズは変わります。
ボランティアの作業が減ってきているということは、
誠に喜ばしいことと言わなければなりません。

しかし、私たち関西に住む人間が力を貸せることはもうなくなったのかといえば、
決してそんなことはありません。むしろこれからなのです。

石巻市尾崎地区は、幹線道路から数キロ入ったところに
ひっそりとたたずむ小さな集落です。
そこに、築100年を迎えようとする古民家があります。
気仙大工という寺社仏閣を手がけるような職人集団の手による建築で、
豪華で美しい家屋の飾りが特徴的な、
もはや文化財とも呼べる立派なお家です。

そしてそんな貴重な建築物にも、津波の魔の手は容赦なく襲いかかりました。

床板ははがれ、柱は潮に浸かり、家具も家財もめちゃめちゃに。
被災の瞬間まで当たり前に暮らしていた家主さんも

「これでは再び住む気になれない」

と、愛着のあるお家を離れました。
地域の他の家屋は次々と見切りをつけられ、解体されています。
このままではこの家も取り壊され、
集落全体が人も家も何もない土地になってしまう。

この流れを止め、もう一度、明りの灯る家によみがえらせることはできないか。
家主さんにお話ししたところ、

「どうぞ存分にやってくれ」

とのお言葉をいただきました。

これまでのボランティア活動は、その多くが、
地震と津波に破壊されたマイナスの状態をゼロに戻す
ための必死の取り組みでした。
が、1年4ヶ月が経とうとしている今、被災地が求めているのは、
ゼロから大きなプラスを生み出すこと、
被災前にはなかった新しい価値を創り出すことなのではないか
と痛感しています。

私たちはこの民家をよみがえらせ、
最終的には人々が集うことのできる民宿として、
息の長い地域資源にすることを目指しています。

残酷極まりない津波の爪跡。
そこから再び息を吹き返し、
被災前よりもっとたくさんの人達でにぎわう集落をつくる。
それが私たちの考える「復興」の形です。

ツアーの参加者には、その最終ゴールに至る過程の一部始終を目撃し、
自らの手で復興の形を創り上げる活動に関わっていただきます。
そして近い将来、みごと復興を成し遂げた集落を再び訪れ、
自分たちの手による活動の成果を楽しんでいただくことができればと
心から願っています。

一度は廃墟になりかけた家のいろりに火が戻り、
それを囲む人達が大いに語り合う――
そんな夢を一緒に見て、一緒に現実のものとするお手伝いをしてくださる方々を、
募集しています。

お申込みは、下記URLから
http://www.123kobe.com/for311/guide.html

2012年6月22日
NPO法人しゃらく 代表理事 小倉譲


NPO法人しゃらくのホームページはこちらへ!

プロフィール
  • 小倉譲写真
Twitter
サイト内検索
新着日記
カテゴリー
新着コメント
新着トラックバック
月別アーカイブ
関連リンク
携帯サイト
  • qrcode
管理者