しゃらく旅倶楽部 第2章 準備万端。


JUGEMテーマ:日記・一般
 
しゃらく旅倶楽部 第2章 準備万端。

介護 付添い旅行 しゃらく旅倶楽部。
NPO法人しゃらくとしても、中核事業に育ち自立した事業に育った。
そういった意味で、旅行の規模としてこれ以上に大きくしたいとは
あまり思わない。

どちらかというと、社会に広めていくために、色んな人に伝えていきたい。
色んな団体との連携も意識しながら、
マーケットを作りだし、社会的認知を高め、大手旅行会社の参入を促していきたい。
そうすれば、社会の少しは変わる。

でも、保守的な団体が多いように感じる。
1年ほど前になるが、連携を意識してメールを打っても返信がない。
私の中では連携団体でも、相手にとっては同業他社であり競合という意識しか
ないのだと思う。非常に残念なことだ。

そんな中、私の中でしゃらく旅倶楽部発展5段階戦略を作ってみた。
その戦略のポイントは、

ー匆颪悗稜筏擇搬膽蠅了夏
■裡丕亘/佑靴磴蕕としての、サステナビリティの確保。

その絵が、私の頭の中で描ききり、頭の中で事業が動き出す。
そのための、昨日までの東京出張。
そのための、協力者も確保できた。
そのための、事業資金も確保できた。

社会を少しでもいいから、変える。
より社会に、走る準備ができてきた。

5年先がこれほど待ち遠しく感じるのは、初めてだ。

小倉譲 拝








NPO法人しゃらくのホームページはこちらへ!

下見とアセスメント


JUGEMテーマ:旅行
 
下見とアセスメント

2週間ほど前は、香川の瀬戸内の海を楽しみ、
2日前は琵琶湖の緩やかな波、
そして、昨日は鳥取県から見る日本海。

日本海

何とも言えないこの景色。
聞き心地のいい、波の音。
ひんやりとした風。

あ〜この海の向こうには大陸があり、言葉の違う世界があるんだな〜
っと、海を眺めながら考えてしまう…。

と、今回は昨年11月に介護・付き添う旅行 しゃらく旅倶楽部をご利用
頂いたお客様の元に足を運びました。

今度は温泉に入りたい、釣りもしたいといったオーダー。
車いすで要介護3のお客様が釣りをする、
そう簡単なことではありません。

釣り場の安全はどうか、
釣り道具はどこで手配するべきか、
道中のトイレはどうだ。
食事場所のメニューは?
食事場所の対応はどこまで可能か?
昼と夕ご飯のバランスは?
お風呂のバリアフリー状況は?
お風呂でのシュミレーションのイメージは?

風呂

などなど、決めること、考えることは多くある。

旅の理由は2つある。
一つはめ、温泉に入りゆっくりしたい。
二つはめ、介護者のゆとりある時間を確保したい。

そんな理由で、下見が終わったあとにお客様に会う。
しっかりと、覚えて頂いていた。
そう、頻繁に会うことのできないお客様だけに、
覚えて頂けていたことが嬉しい。

やはり、夢は大きい。
グアムやサイパンに行きたい。
それが無理なら東京ディズニーランドに行きたい。
そんな話から、温泉の話へ。
今から楽しみにして頂けているようだ。

さて、6月になるであろうお客様との旅行。
下見も十分、後は当日の天候だ。

小倉譲 拝

NPO法人しゃらくのホームページはこちらへ!

お客様の視点で、捉えることが大切


JUGEMテーマ:旅行
 
お客様の視点で、旅を捉えることが大切

しゃらく旅倶楽部の考え方をブログで伝えていく事を今日からスタートします。


お客様の視点で、旅を捉えることってすごい大切だと思っています。

バリアフリー旅行とか、
介護付添い旅行とか、

今、日本全体で徐々に増えてきています。
それは私たちにとっても非常に嬉しいこと。

他社さんがどうかは分かりませんが、
私たちが大切にしている事は、旅の「本質」です。

例えば、お客様が京都に行きたいとご連絡を頂きました。
すると、京都といえば色んな観光場所があり、バリアフリーも整った
場所もあります。

そこで、担当の方は頭の中で、
ここと、ここは行けますよ。 という受け答えになったりする。
これは、あくまでも旅行会社の視点であってお客様の視点ではありません。

特に、ご高齢のお客様の場合、
連れってって頂ける…から、
迷惑をかけるから…っと、本音を言わない、言えない場合があります。
結果、旅行会社のいいなりになって京都に行ってしまう。

違うのです。もしかしたら、
京都の大学に行っていたのかも知れない。
戦前戦後に住んでいたのかも知れない。
恋した人との思い出があるのかもしれない。

恋した人とどこを歩いたのだろう。
どんな思い出があるのだろう。

そんな事を聞きだすには時間もかかりますし、
コミュニケーション能力も必要になります。

そんな、
お客様にとっての旅、
お客様にとっての本質をきっちり把握し、
お客様視点でプランニングする。

これが私たちしゃらく旅倶楽部が目指している、
バリアフリー旅行、
介護付添い旅行なのです。

さて、今日は朝から夕方にかけて大阪でアセスメントです。
旅倶楽部のアセスメントの仕組みも、また詳しくお伝えします。

小倉譲 拝

NPO法人しゃらくのホームページはこちらへ!

プロフィール
  • 小倉譲写真
Twitter
サイト内検索
新着日記
カテゴリー
新着コメント
新着トラックバック
月別アーカイブ
関連リンク
携帯サイト
  • qrcode
管理者